昔からモノを捨てられないタイプですので、断捨離は苦手です。

引越しの時に断捨離したエピソード
引越しの時に断捨離したエピソード

昔からモノを捨てられないタイプですので、断捨離は苦手です

★女性 43歳
昔からモノを捨てられないタイプですので、断捨離は苦手です。

服なら1シーズン着なかったものを基準に捨てようなどと言われていますが、そんなこととても出来ません。10年以上着ていない服でも、後生大事に置いておくタイプです。

しかし、次から次へと服やら小物やらを買うのにモノを捨てないとなると、そのうち家の中がモノで溢れてしまうのは誰が考えても分かることで、なんとかしなければという思いは、ずっとありました。

その思いを実行に移したのが2年前の引越しの時でした。
幸い準備期間がたっぷりとありましたので、この機会に思い切って断捨離しようと決意しました。
とにかく場所を取っていたのは、私の洋服と実家から送られてきた荷物でした。
洋服はどんどん増えるので、過去3年間着なかったものを基準に、全て捨てることにしました。
これだけで持っていた洋服の半分以上になりました。

実家から送られてきた荷物とは、母親が定期的に送ってくれる荷物なのですが、いつも可愛らしいメモ帳や靴下、ハンドタオル、写真立て等、統一性のない小物が食料品と一緒に大量に入っていて、捨てるに捨てられず置いておいたものです。
ほとんどが新品ですし、母親からの贈り物ということで捨てる気になれなかったのですが、今後1年以内に使うかどうかを基準に仕分けし、使いそうにないものを処分しました。

引越しをして、現在の住まいでは、年に1度バザーに出す品の寄付を求められるので、母からのプレゼントは置いておけば良かった、と少し後悔しました。

しかし、どこかで思い切らないと断捨離はできないので、概ね良かったのではないかと思います。

Copyright 2018 引越しの時に断捨離したエピソード All Rights Reserved.